Top > クラウス山脈
HTML convert time to 0.023 sec.


クラウス山脈

Last-modified: 2009-03-24 (火) 17:20:49

このページに乗っている情報を解説 Edit

詳しくはオベリスクシミュレータで解説します。(URLを確認の上ジャンプしてください。)
解説ページ

MAP Edit

クラウス山脈.JPG

オベシミュ Edit

【クラウス オベ・シミュレーター】
オベシュミブローデン.JPG


【E鯖クラウス オベ・シミュレーター】
kurausu_simyu.jpg

解説 Edit

現在のキプ位置はD2がお勧め。
主戦場:北外周
僻地:

  • 防衛
    オベは北外周までしっかり伸ばし、それを死守します。
    歩兵主力も北の台地上へ展開。常に主戦場に歩兵多めにします。
    中央ルートは、少数部隊で坂を上って北の主戦場のサイドアタックを狙います。
    主戦場で敵を坂まで押し込めた場合、坂上に壁を立て、敵の進撃を大幅に遅らせることが可能です。
    逆に坂まで押された場合はサイドアタックを重視して、坂を維持にしましょう。
    目の前だけにとらわれるとそのままずるずる負けることになります。


    南部は少数の精鋭部隊で攻撃に当たります。
    揺さぶり目的で僻地オベ折りを狙うのが攻防ともに必須。
    北の情勢がここで決まると言っても過言ではありません。
    なぜなら劣勢になれば援軍を呼ぶから、その分人が減る事になるからです。


    中央河の中への大兵力投入はタブー。
    維持しても領域的な特典は何もありません。
    これをやると主戦場を維持できなくなり、高確率で敗北します。
  • 攻撃
    D2キプの場合、下からナイト、キマが出せます。
    門はC3に北クリのそばがお勧め。川に建てると敵ハイドスカ等が降下して門に乗ります。


    北を押し込まれると、ほぼ挽回のチャンスはありません。
    ですから、全力で北を押さえにかかります。
    坂上にAT要塞を建築し、確実に主戦場領域を抑えます。
    早めのレイスも必須。
    特にレイスは状況判断が問われ、押されそうな場所にすぐに向かうようにする事。
    クリスタルは3つ安定して掘れるので非常に飽和しやすいです。
    多数のナイト+レイス(+ジャイ)で戦線へ行き、レイスのお代わりも素早く行いましょう。


    南の領域は、キプから2本分のオベを延ばす程度で押さえ、あとはエクリプスを使いましょう。
    崖のぼりを覚えていることが必須。
    中央からのバックアタックや南北戦力の読み間違いによる兵力差がある場合はすぐに援軍を呼ぶ事。
    必ずしもどこも北が主戦場というわけではありません。


    中央は攻める必要はありません。上手くいけば門を壊す程度かそれが出来ないと判断できるなら
    追い払う程度に。


    ピアで崖下に敵兵を減らすと有利に戦えますが、使い方を間違えると不利になるので
    しっかりと判断しましょう。


    攻撃側時、南西F4,G4エリアのキマイラ警戒は必須。
    敵の1ゲージ目が減ったら、必ず哨戒ナイトを向かわせましょう。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 明日新マップになりますので更新できる方はよろしくお願いします -- 2008-03-23 (日) 18:12:52
  • E鯖のクラウス・シミュレーター図をUPしました。他鯖とどの程度異なるのか不明なので、以前の画像も置いてあります。 -- Eホル民? 2008-08-05 (火) 16:19:42
  • わかりやすくていいね 攻撃側の門はキプ対岸(崖上)が主流だよな? -- 2008-08-06 (水) 04:37:19
  • たまにがけ下にも見られますが乗られるので危険です。 -- 2008-08-06 (水) 13:50:16
  • ↑ありがとん -- 2008-08-06 (水) 17:29:05
  • 攻めにしろ守りにしろG4坂付近はエクリだと思うんだが。 (^^; -- 2008-08-12 (火) 17:33:34
  • E鯖オベシミュのほうですね? -- 2008-08-12 (火) 19:09:58
  • 攻めでB5に敵壁建てられた後偶に、D5坂に味方の壁建つんだけど、これって北攻め放棄した愚策じゃないの? -- 2008-11-18 (火) 21:04:37
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White