Top > コラム 情報戦 情報がいかに重要か
HTML convert time to 0.003 sec.


コラム 情報戦 情報がいかに重要か

Last-modified: 2007-05-22 (火) 00:14:26

コラム 情報戦 情報がいかに重要か  Edit

この内容は基本的な操作を覚え、戦争の流れもある程度把握している中級者レベルの方を対象としています。
より高みを目指す場合、この情報戦という概念があるかないかで劇的に難易度が違います。
中には意識せずにこなしてしまう人もいるかもしれません。

情報を制した者が戦場を制す。それが情報戦 Edit

戦争の基本、それは情報戦です。情報は何よりも大事と言えます。

例えば貴方は友人とジャンケンをしました。お互いの出す手に癖がないと仮定して、100回勝負しました。
確率による誤差はありますが、基本的に50勝50敗に落ち着きます。

では、相手の出す手をなんらかの方法で知ることができたとしましょう。
結果は100勝です。相手の出す手が判明しているなら当たり前の結果です。

ここでちょっと別の見方をしましょう。
相手の出す手が分かっていて確実に勝てるのなら、逆に確実に負けることもできます。
これは『結果をコントロールできる』という事を意味しています。

戦争においても同じです。
敵軍の次に行う行動を知る事ができれば、それに有利な状況を持って対処することができます。
これが情報戦というものです。

素早く情報を伝達するために Edit

報告は「簡潔に」「正確に」「素早く」行う事がもっとも重要です。
無駄に長い情報だとその意味を理解するのに時間がかかり、曖昧な情報だと間違った解釈をする可能性があり、時間のたった報告に価値は有りません。

しかし歩兵戦の最中にそんな悠長にチャットを打つ暇はありません。
そこで有効なのが発言マクロです。
予め登録しておけばファンクションキーを1度押すだけで報告を行うことができます。このとき重要なのはマクロの先頭に「/a 」を付けることです。これでチャンネルの状態に限らず軍団チャットへ報告できます。

ここで出てくる問題が一つあります。
マクロに登録していないタイプの報告がある場合です。この場合は敵と戦うことよりも報告することが優先です。後方に向かってオートランで走り、その隙に報告を行います。

中にはパッドを使用していてチャットもマクロもやりづらいと言う人がいるかもしれません。
それでも報告は重要です。ほんの数秒間戦力として働かないことよりも、的確な報告を行うほうが勝つ可能性は上がります。

前線の歩兵が減って不利になった場合、援軍要請を出して押し返すか、何も報告せず壊滅を待つか。
貴方はどちらを選びますか?

歩兵戦時の情報 Edit

歩兵戦においても重要な情報はありますが、その量は膨大で瞬間的な物であるため他者と共有することは不可能に近いです。この情報をどれだけ取り入れられるかが歩兵戦の強さの一つに繋がります。

狙うべき敵と狙うべきではない敵
これを瞬間的に判断できると無駄な攻撃が減り、効果的にダメージを与えていくことが可能になります。
闇雲に狙える敵を攻撃するよりもスコアが上がり、戦争への貢献度も高くなるでしょう。
敵と味方の位置
常に敵と味方の位置の把握ができればデッドが劇的に減り、瀕死の敵への追撃も行いやすくなります。
これを実践すると被ダメが減り、回復に割く時間が減るため効果的に戦うことが可能です。味方の多くがこれを行えば、圧倒的な状況を作り出し蹂躙することもできるでしょう。

上記の内容は「視界を広くする」ことが重要です。
後方の確認は難しいものですが、最低でも左右の状況を常に確認することが理想です。
目の前にいるのだけが敵ではありません。全方向に敵がいるものと思ってください。
中には見えない敵もいるのですから。

情報戦は戦場だけではない Edit

これまでは戦場における情報を扱いましたが、実はもっと重要な情報があります。
それは「戦争のルール」と「スキルの特性」です。

各種建築が可能な条件やどうやったら勝利できるかなど、それこそ根本的な情報を持っているか否かで強さは変化します。
倒されることのデメリットを知らなければ何度も特攻死を繰り返し、自軍キプにダメージを与え歩兵は数的不利を強いられます。

スキルの特性を理解していなければ無駄なスキルが多くなり、攻撃回数が減るため敵のHPが一向に減らないといったこともあります。
情報は戦場だけでなく、クライアントを起動する前から存在しています。これらを熟知するだけで知らない人に対し圧倒的なアドバンテージを得ることができます。

最も簡単に強くなる方法、それが情報を入手することです。