Top > ソーサラー > 立ち回り
HTML convert time to 0.115 sec.


ソーサラー/立ち回り

Last-modified: 2012-09-21 (金) 13:34:23
ソーサラー

初心者さんはまずこちらをお読みください Edit

ここで書かれている内容は前線での基本操作がある程度慣れてきた人向けです。
さらに初心者向けの内容としてソーサラー養成講座を用意しました。
スキルの基本的な能力などはこのページと内容がかぶるので省略されていますが
どのようにスキルを取っていこう? 使いやすいスキルって何だろう?
私炎ソーサラーなんだけどどんなスキルをつかっていけばいいのかな?
氷スキル極めちゃったんだけど・・・ 次どうしよう? といった質問に答えられる内容になっています。
主にスキルとキャラメイキング中心の内容です。初心者さんにはぜひ読んで頂きたいッ!

ソーサラーの特色 Edit

メルファリアの魔法使い
ソーサラーはいわゆる魔法使いです。
中距離射程のスキルを用い、強力な攻撃や多様な妨害・支援を行うことができます。
戦線の維持や敵戦線を崩すきっかけを作れる職です。
ソーサラーのスキルは弾速が遅めのため、相手の動く先を予測して当てる射撃の腕が必要になります。
(通称、偏差撃ちと呼ばれる技術です)
戦場での主な役割
味方ウォリアーが突撃するきっかけを作り支援する
自陣に突撃してきたウォリアーにお帰り願う
この2つです。
ソーサラーには炎、氷、雷の3つのスキルツリーがあり、習得スキルにより立ち回りが若干異なります。
ウォリアーに有利、スカウトが苦手
クラスの3すくみのポジションは、ウォリアーに強く、スカウトに弱い、です
近接戦闘メインのウォリアー相手には、距離をとることで一方的に攻撃を当てることができます
またウォリアーを攻撃すると、他のクラスより大きなダメージを与えられます
反面、スカウトは苦手な相手。魔法の射程外から攻撃を加えてくる弓スカウト、隠れて接近してくる短剣スカウト共に天敵といえます
さらに、スカウトから攻撃を受けると、他のクラスより大きなダメージを受けます

全タイプ共通事項 Edit

詠唱状態を維持しよう Edit

詠唱とは中級(B)以上のスキルを使用するために必要な予備動作スキルです。
切れると、詠唱・基本魔法攻撃・各系統Aスキル(ライトニング・ファイア・アイスボルト)以外のスキルが使えなくなります。
戦闘中の詠唱切れは死を意味します。残り時間に気を配り切れそうになったら一時後退してでもかけ直しましょう。
重ねがけすれば持続時間はリセットされるので、戦況とPowに余裕ができたら残り時間がまだあってもかけ直すことをオススメします。

ハイドスカウトに注意しよう Edit

ソーサラーの天敵、スカウト。HPが減っているソーサラーは常にスカウトに狙われていると思って間違いありません。
ハイドして近づいてきた短剣スカウトのパニッシングストライクを受けると、相性の悪さも手伝って致命傷を負ってしまいます。
戦闘中でもできる限り周囲に気を配り、HPを700〜800以上に維持するようにつとめましょう。
詠唱のかけなおしや、いったん引いてのPOT使用時は、隙が大きいのでよく狙われます。
前線から逃れて一息ついたときにこそハイドサーチをする習慣をつけましょう。
また、座ってのPoW回復、クリスタル堀&クリスタルでのHP回復時も同様です。
座っている状態では、ダメージを1.5倍受けるので、敵の装備やレベル差によっては、HPが600〜700程度あっても即死することがあります。十分注意しましょう。

ハイドサーチ Edit

ソーサラーは自衛のためにも常にハイドサーチをする習慣が必要です。
ハイド中の敵にカーソル・標準を合わせることによりターゲットサークルが表示されます。
攻撃を当てることによってハイド状態を解除できます。
通常攻撃を当てたり、ウェイブで吹き飛ばしたり、範囲魔法を使ったり、そのときの状況に応じて暴きましょう。
また、範囲チャット等で味方に注意を促すことも有効です。
ハイドスカウトは不意をつくことによって最大限に働くことができます。常にハイドを意識するだけでも被害を減らせるでしょう。

ハイド注意報!
・姿が見えないのに水面に波紋が出る
・鈍足の足音がする
・誰もいないのに着地音が聞こえるor掛け声が聞こえる
等の状況はハイドが確実に潜んでいます。
また、以下の場所は特にハイドスカウトが通りやすい&出没しやすい場所です。
・水辺(水面には波紋が出るためぎりぎりの陸地を好んで通過する)
・崖際、段差のあるところ(死角が発生しやすいところ)
・オベリスクやATや岩などの障害物のそば、特に密集している間(死角が発生しやすい&ルートを予想しやすい)
・クリスタル周辺(掘り妨害や殺害を企てて)
・戦前で戦っている背後(眼前の敵に注意を払っている者の後ろから)
・激戦地からの撤退路(瀕死で下がるところを狙う)
パニッシングストライクから身を守るために
以下のことを心がけるだけで、パニッシングストライク被害が減ります
・HPは700〜800以上を常にキープを心がける
・崖の下など、背後をつかれやすい地形には十分注意を
・詠唱やPOT使用のために少し下がる場合は、使用前にハイドサーチを
・ATの射程圏内を有効利用(高確率でATがパニッシングを打ち落としてくれます、が絶対ではありません)
・AT、オベ等自軍建物に密着して詠唱等(建築物がダメージ肩代わりを期待)
・味方スカウトのポイズンブロウ内で詠唱等

ネツァワルWikiのハイドサーチについてが詳しく記述してありお勧め

味方の救出 Edit

窮地に陥っている味方を救出し、前線を維持するのは、ソーサラーの大切な仕事です。
特にスタン状態、凍結状態の味方の救出は大切です。

フリージングウェイブ
氷スキルCのフリージングウェイブ(自分中心円状範囲)で、スタンor凍結した味方に群がる敵(特にウォリアー)を吹き飛ばします。
吹き飛ばしスキルの中では格段に当てやすく消費Pwも優秀な上、鈍足も付加されるので逃走の助けにもなります。
サンダーボルトで吹き飛ばし
雷スキルCのサンダーボルトで、スタンor凍結した味方に群がる敵を転倒させます。
魔法円指定のスキルで、使いこなすのは難しめです。
円内のどこで当てるかによって飛ばす方向を調整できる。使いこなせれば心強いが如何せん難しい。
範囲攻撃
スタンor凍結した味方に群がる敵にヘルファイア等を当てにいきます。
味方は救えないかもしれませんが、それ以上の被害を敵に与えられればこちらの有利となります。
ジャッジメントレイは味方を狙う敵後衛に落として、行動をキャンセルさせてやりましょう。

ヴォイド状態 Edit

レイスのダークミストや、スカウトのヴォイドダークネスによって視界を奪われた状態です。
射撃スキル主体のソーサラーや弓スカウトは、距離感方向感を奪われると満足な働きが出来ません。
特にヴォイド後に吹き飛ばし攻撃をされると完全に方向を見失います。
故に敵スカウトはヴォイドを入れようと狙ってきます。
では暗闇状態になった場合はどうすればいいでしょうか。

あわてず状況を判断
暗闇状態でも見えるものはあります。
ソーサラーの詠唱の魔方陣と、片手ウォリアーのガードレインフォースのエフェクトです。
まず、ソーサラーと片手ウォリアーの敵味方を判別し、さらに矢の飛んでくる方向で敵味方の位置関係を把握します。
標準を合わせることにより味方なら緑の、敵ならは距離によって黄色か赤のターゲットサークルが表示されます。
そこで自分の居た地形を思い起こせば、いまどういう状況に置かれているのか、ある程度推察できるでしょう。
スパークフレアの閃光で、一瞬PCのシルエットが見えるので、職種を判別する判断材料にもなります。
慣れればヴォイド状態でもスキルを当てることはできます。しかし周りの状況をどうしても掴みにくくなるので判断を誤ることがあり、無理は禁物です。

共通スキル Edit

スキル名消費Pw威力射程範囲備考
通常魔法攻撃0100CE
詠唱20---

基本魔法攻撃 Edit

Lv消費Sp消費Pw威力備考
1初期0100
  • オベリスク・AT破壊用としてはフェンサー・弓スカとともに最低ランクの破壊能力。ウォリアーや短スカに任せて前線を維持しましょう。
  • パワブレ被弾時の対短スカ妨害用としても使える。
  • 基本魔法攻撃中はPwが回復しないので、むやみに撃ちまくらないこと。
  • Pw消費が0のためDotなどで削られてHP1桁の敵のキル取りに便利

詠唱 Edit

Lv消費Sp消費Pw持続時間準備時間備考
1初期20120s5s
2220240s4s
3220240s3sPw回復量+1
  • 中級(B)以上のスキルを使用するために必要な予備動作スキル
  • 極力切れる前に再詠唱を。切れると初級以外のスキルが使用できなくなり、行動が制限されます
  • 3/5Updateから、Lv上昇に伴いPw回復量増加が追加。Lv3を推奨

氷ソーサラー Edit

凍結に鈍足 敵を遮り味方を守る 妨害の氷ソーサラー
炎ソーサラーに比べると著しく威力に劣り、雷ソーサラーと比べると威力・射程供に劣る氷ソーサラー。
しかしその凍結&鈍足効果でのバックアップは、強力に味方をサポートします。
敵を分断し足止めして攻撃の起点を作り、劣勢になれば敵の進攻を止め味方を守る、熟達した氷ソーサラーほど頼りになるものはありません。
その性質上、ダメージを与えたりキルをとりに行くタイプではありませんが、攻防のアシスト役としては右に出るものはなく、局地戦を左右する重要なポジションにいます。
敵を分断せよ
妨害に長けた氷ソーサラーのスキルの中でも、複数の敵を移動不可にるすブリザードカレスは最重要スキルです。
凍結6秒減速8秒(Lv3時)のこのスキルはうまく当てることが出来れば、味方の攻撃はより楽になるでしょう。
ただ発動から着弾、拡散して凍結するまでが長く、モーションを見てから回避行動をとることで容易に避けることができるため、いかに気取られずにor硬直を拾って当てるかが重要になってきます。
敵の団体の側面から後衛に当てて前衛のみを孤立させたり、厄介な片手ウォリアーを狙って無力化したり、戦況によってとるべき行動はちがいますが、敵の配置と職構成及び味方の陣容を俯瞰して見つつ、いかに味方が有利に動けるようにチャンスを作れるかが腕の見せ所となります。
味方を守れ
氷ソーサラーには、味方の命を助ける防御的な役割も期待されます。
スタンor凍結した味方を救うためにフリージングウェイブで群がる敵を吹き飛ばしたり、ブリザードカレスを撃ち込んで足止めしたり、Powが少なくともアイスジャベリンでの凍結やアイスボルトの鈍足で味方の逃走や追撃をアシストします。
特に撤退戦時のカレスによる逃走補助は優秀。(撤退時のスキル使用は硬直を拾われると死に直結します。最後尾で逃げている時は無理をしないほうがよいです。)
連携の起点
root(凍結状態)はバッシュ>ヘビスマやヘルなどの高威力攻撃へとつなげる連携の起点となります。
また鈍足付加することによって味方の攻撃を当てやすく&追いつきやすくします。

氷スキル Edit

スキル名消費Pw威力射程範囲備考
アイスボルト18140DE減速:10秒
アイスジャベリン30170CE凍結:4秒
フリージングウェイブ44100特殊自分中心円形減速:7秒 吹き飛ばし
ブリザードカレス68150CB凍結:5.5秒 減速:8秒
注:威力と持続時間は全てLv3時のものです。

アイスボルト Edit

Lv消費Sp消費Pw威力備考
1218100減速:6秒
2118120減速:8秒
3118140減速:10秒
  • 射程は通常魔法より少し長く弾速も同じくらい。Pw消費が少なく鈍足を付加するので逃げる敵への追い撃ちに。
  • 相手に鈍足効果を与えるので、単独行動時に敵を凍らせた場合の追加攻撃の選択肢のひとつに。威力重視の場合には中級Bを使うなどの使い分けを。
  • 詠唱切れ時の逃走補助に。

アイスジャベリン Edit

Lv消費Sp消費Pw威力備考
1230150凍結:2秒
2230160凍結:3秒
3230170凍結:4秒
  • 凍結解除後に凍結耐性15秒注意
  • アイスボルトより若干射程が長い。
  • 命中すると敵を凍結状態*1にする。
  • 弾速は遅め。敵の移動先を先読みして当てる。(偏差射撃) 凍結後は味方のバッシュなりヘルファイアなりを期待。
  • 足止め時間だけを考えればカレスのほうが優秀。消費Pow、敵の数等状況に応じて使い分けを。
  • 威力、射程、コストの点から氷属性の主力スキル。ただし、相手を殺しきれない場合はアイスボルトを。
  • Lv1では凍結時間が短く、相手に凍結耐性を付与するだけの結果になることがほとんどです。取るならLv3まで上げましょう

フリージングウェイブ Edit

Lv消費Sp消費Pw威力備考
1244100減速:6秒 吹き飛ばし
2244100減速:8秒 吹き飛ばし
3244100減速:10秒 吹き飛ばし
  • 自分中心に球状に広がる範囲攻撃。命中すると移動速度を低下させた上で吹き飛ばす。射程は通常魔法の半分以下。
  • 敵を吹き飛ばしてしまうため、味方の攻撃を空振りさせる原因になります。要注意。
  • スタンして殴られてる味方の救助、敵ジャイアントの邪魔、崖際の敵を谷底に落とす等に使用。
  • LvUPにより範囲が増加する。Lv1の範囲では実用に難があります。取得するならLv2は必須、Lv3を推奨。
  • 敵のベヒモステイル、ドラゴンテイル、バッシュと同時に撃つと、敵は吹き飛びますがダメージは食らいます。射程を把握した上で早めの使用が有効です。

ブリザードカレス Edit

Lv消費Sp消費Pw威力備考
1368130凍結:3.5秒 減速:8秒
2268140凍結:4.5秒 減速:8秒
3268150凍結:5.5秒 減速:8秒
  • 凍結解除後に凍結耐性20秒付与
  • 広範囲の敵を一度に凍結+減速させる範囲スキル。
  • 複数の敵を長時間ほぼ無力化できる強力な支援スキル。
  • 3/5Updateで凍結中に移動スキルを使用しても移動できなくなり、大幅強化。
  • 射程はアイスボルトとそう変わらず、何よりもモーションが長すぎるため、敵の弓スカの視界内で撃とうものならほぼ間違いなく矢が飛んできて不発にされる。
    死角から撃つ、乱戦のどさくさまぎれに撃つ、物陰から撃つ、坂の頂点の空中に向けて*2撃つなど、いろいろ工夫が必要。
  • 発射モーションだけでなく弾速も遅い上に発射モーション見てからステップ回避が余裕で間に合う為、死角からの射撃は必須。とはいえ範囲攻撃なので当て易くはあります。可能ならば他の味方に気をとられている敵集団を側面から突くことが出来れば最大効果を得られます。
  • 攻撃範囲が球状のため、ダガー島などの橋の下から足場の薄いところを狙って撃てば橋上の敵が凍結します。橋のあるマップでは狙えるときは狙ってもよいでしょう。
  • 敵に打たれた際の話です。弾速が遅いため、ブリザードカレス使用直後に横ステップを使用すると「敵のブリザードカレス使用→自分の横ステップ→横ステップから着地→ブリザードカレスが球形爆発」となり、横ステップを使用したのに避けられない、ということが起きます。避けるタイミングを一瞬遅らせることを忘れずに。
  • Lvが上がる毎に射程の増加。 (↓参考画像)

    #ref(): アドレスが不正です

氷ソーサラーの心得 Edit

  • 氷サラの本分は「味方のアシスト」と「敵の侵攻妨害」。ゆめゆめキル数を稼ごうなどと思ってはいけません。
    (妨害ボーナス(与ダメに加算)により、与ダメは意外と稼げます。もちろん火サラにはかないませんけど)
  • 常に「大ダメージを出せる職」、両手ヲリや短スカ、火サラなどと一緒に行動しましょう。
    彼らが楽にキルを稼げるように、敵に包囲されても無事退却できるように、氷サラは前線を前後に動いて援護します。カレスを当てに行くときにはウォリアーと同じラインまで踏み込む必要があります(当たらなければ折角のスキルも意味がありません)。矢面に立たねばならないので巻き添えやパニに注意。
  • ヲリや短スカに懐に飛び込まれてもすぐにフリージングウェイブを放てば、かなりの確率で無傷で済みます。
    このため、カレスやジャベリンを撃つとき以外は常にウェイブを選択しておいて、いつでも放てるようにしましょう。
    また、ウェイブの消費Pw44をできる限り残しておくようにします。
  • フリージングウェイブは便利ですが、味方の強力な攻撃を全部不発に終わらせる恐れがあります。
    よほど余裕がないとき以外、敵の近くに攻撃態勢の味方がいたらウェイブは控えましょう。
  • 凍結(Rooted)は攻撃を一回受けると解除されます。ヘビスマでも一回、アローレインでも一回。
    大人数の乱戦では仕方ありませんが、敵味方数人同士の小規模戦では、凍った敵に弱い攻撃を当てないよう
    味方に伝えておきましょう。
    (特に弓スカ)
  • 凍結中は移動できませんがそれ以外は何でもできます。アイテムで回復もされるし、反撃もしてきます。
    また、スキルによる移動は07/03/06のパッチで不可能になりましたが、各種スキルや攻撃は可能なため安易に近づくのは辞めましょう。
    凍らせたからといって油断しないように。
  • 氷ソーサラーは味方の撤退を助けるために、追撃してくる相手を凍らせるのも大切な仕事です。
    また、その時に相手の攻撃を集中して受けても死なないために、HPは常に800↑を維持するように心がけましょう。
  • 氷ソーサラーの自分が死んだときに前線が崩壊する可能性が高いことを肝に銘じましょう。

炎ソーサラー Edit

戦場の花形 大火力の主砲 炎ソーサラー
炎系のスキルツリーをメインに習得しているソーサラーを、特に炎ソーサラーと呼ぶ。
炎系スキルは、高威力に加えすべてのスキルに発火による継続ダメージDoTダメージ*3)の効果を持つ。
しかし炎系スキルは他二属性より有効レンジが短めで、一撃離脱を繰り返している訳にはいかない。
故に敵の攻撃をかわしつつ前線に滞在することが必要で、難易度はソーサラーの中でも高めと言えるだろう。
その分敵に与える被害は大きいので、なかなか面白い職である。是非一度は火皿をやってみて欲しい。
敵の隙を確実にモノにし、ダメージを与える
ダメージディーラーである炎ソーサラーに期待されることは、敵のHPを削り取ることだ。
如何にヲリといえど、HPの減った状況では拮抗した前線には突撃できない。
敵前線のヲリに安定してダメージを蓄積させるのは、中距離から攻撃でき威力とDoTを併せ持つ火皿の仕事だ。
敵ヲリのスマ、ヘビスマの隙を逃さずランスをぶつけて行こう。餅つきはキャラ1個分先を狙えば当たる事が多い。慣れてきてPwに余裕があれば狙ってみよう。
また敵ソーサラーのカレスジャッジ・フレア・ヘルの詠唱を見て即発射すればランス・ジャベが間に合う。
しかし最前線でカレスを食らってしまったら死亡フラグだ、どこを狙っているかを読んでこちらに来ないようなら積極的に当てに行こう。
また、敵弓がレインレイドを連射しているなら一発当ててやろう。無理に偏差を狙うより、確実に当たる敵に当てるのが肝要だ。
相棒は片手ウォリアーと氷ソーサラー
炎ソーサラーが活躍する助けとなるのが、片手ウォリアーと氷ソーサラー。
片手ウォリアーのシールドバッシュは敵を3−4秒行動不能に陥らせ、連携の起点になる。
ピヨピヨした敵にはかわいそうだが、ここはヘルを撃ってお帰り願おう。
どうしてもヘルの間に合わない位置に居るなら、他の味方の強攻撃に被らないようにランスを。
氷ソーサラーの凍結(root状態)も攻撃のチャンス。特にブリザードカレスで複数が凍っている場合はヘルファイアを多人数に当てるチャンスだ。
ただし味方片手が狙っているのに早まってヘルを撃ってしまうのは、結果敵を助けることになってしまう。
常に味方の片手ウォリアーや氷ソーサラーの挙動を把握するのも重要だ。

炎スキル Edit

スキル名消費Pw威力射程範囲備考
ファイア18140DEDoT:30x3
ファイアランス32200CEDoT:36x3
スパークフレア65120BBDoT:32x4
ヘルファイア72360ECDoT:48x3
注:威力とDoTダメージは全てLv3時のものです。

ファイア Edit

Lv消費Sp消費Pw威力備考
1218100DoT:18x3
2118120DoT:24x3
3118140DoT:30x3
  • 最初に習得することになる炎系スキル
  • 射程はファイアランスよりやや短め、通常攻撃より多少長い程度
  • 消費Pwが少ないため、Pwを温存したいときはファイアランスよりこちらを使おう

ファイアランス Edit

Lv消費Sp消費Pw威力備考
1232180DoT:24x3
2232190DoT:30x3
3232200DoT:36x3
  • 乱用しているとすぐにPwが枯渇するため注意。射程はファイアよりさらに長い。
  • 威力も申し分ないが、如何せん当てにくい。自分から真っ直ぐ逃げる相手や、ステップの着地に確実に合わせよう。
  • ジグザグ、ランダムに移動する相手には命中率がガクッと落ちる。見せたスキに確実に刺すよう心がけよう。
  • ウォリアーのスマ・ヘビスマ、スカのレイン・ヴォイド・ピア、サラのスパーク・ヘル・カレス・ジャッジには発動を確認してからランスを打って間に合う。偏差射撃に自信がなければ相手の隙を確実に突くべし。
  • ランスの偏差撃ちのこつ。歩いている相手の5キャラ先の位置を狙ってみましょう。意外と当たります。

スパークフレア Edit

Lv消費Sp消費Pw威力備考
1265100DoT:18x4
2265110DoT:24x4
3265120DoT:32x4
  • 2009/6/29に射程・Dotダメージ減少、Dot回数増加、スコアボーナス減少の修正が入った。
  • 4/28UpdateでDoTが48に増加した。これにより、撤退戦・拮抗時での敵の削りに一転有用に。
  • 一撃のヘルと削りのスパークを使い分けよう。
  • 効果範囲は表示されているターゲットサークルではなく、この魔法が当たった最も近い相手を中心とした範囲となるため、狙うなら出来る限り奥の相手にする。

ヘルファイア Edit

Lv消費Sp消費Pw威力備考
1372280DoT:24x4
2272320DoT:36x4
3272360DoT:48x4
  • 炎ソーサラーの花形スキル
  • 全ソーサラースキルの中で瞬間ダメージ、DOTともに最も高い
  • 射程が非常に短く6歩分しかない。基本魔法攻撃と同等かそれ以下程度。
  • ヘルファイアは確かに強いが、無理に狙うよりファイアランスを打ち込んだほうが効率いい場合も多い。TPOにあわせて。
  • 起き上がりヘルファイアについて。ダウン状態から起き上がった後、こちらは行動できるのに相手はこちらにどんな攻撃も当てられない、という無敵時間が2秒ほどあります。これを利用すると「ステップで相手に近づく→着地間際にわざと攻撃を食らいダウンする→ダウン復帰後の2秒間に安全にヘルファイアを打ち込む」といった事が可能になります。最後っ屁にもどうぞ。
  • ソーサラーは基本的に遠距離攻撃がメインです。そのためソーサラーは敵に近づきません。つまり「近づいてくるソーサラーはヘルファイアを狙っているんだな!」と簡単に読まれてしまいます。敵の裏をかくんだ!
  • 2009/6/29に攻撃力とDot、消費Pow、スコアボーナスの減少、Dot回数増加の修正が入った。

炎ソーサラーの心得 Edit

  • 炎ソーサラーの攻撃の主砲はヘルファイアです。このスキルが炎ソーサラーのすべてだと言えるほどです。
    • Pw消費72と大きいため、できるだけ外さないように。
    • 複数の敵を同時に巻き込まないとPw対ダメージ効率はランスより下に。スタン追撃か群がってくる敵を狙うか、状況によって判断しよう。
    • 片手に単発でまとまったダメージを与えられる唯一無二のスキル。
 
  • 炎魔法にはすべてDoTが付きます。Pwをダメージへ効率良く変換するためには、HPに余裕のある敵を狙うといいでしょう。周囲に味方がいる場合、瀕死で逃げてゆく敵はウォリアーや弓スカウトに任せるのがベターです。
 
  • スパークフレアは効果範囲が広く当てやすい魔法ですが、威力は控えめで、消費Pwも膨大です。
    • FEZでは散発ダメージを積み重ねるよりも、威力ある一撃でキルを奪う方が大切です。
    • ヘル射程まで行くのが危険な撤退時に、相手を消耗させる為に使うスキルです。
 
  • 凍っている相手を見つけたら、ヘルファイアを狙いましょう。ただし、近くに凍った敵に向かって走っている片手ヲリを見つけた際は、バッシュを待ってから魔法を打ち込みましょう
    • 凍っている敵に直線的に近づくのは控えましょう。凍結中でもスキルは使用できるため反撃されます。相手の死角から近寄る癖をつけましょう。
    • 座っている敵には大きなダメージが入ります。凍結中に座り込んでいる敵が居たら、手痛い一撃を決めてあげましょう。ただし迎撃を狙っている可能性もあります。
    • 凍っている相手にファイアランスを当てるのは考えてから。凍らせた皿もランス(スピア)を持ってるはずなのに入れないのには理由があります。味方ヲリが無駄になる場合が多いです。ヲリのヘビスマの仰け反りに合わせましょう。
       
  • 炎ソーサラーの立ち位置は、最前線の味方キャラよりちょっと後ろの位置がベスト。自分が直接狙われる位置はオススメしません。敵が味方のキャラを攻撃しようする瞬間こそが攻撃のチャンス!味方がストスマされたなら、きっと相手はスマッシュを狙います。そここそが相手の隙!
    • わざとストスマスマを誘発させ、味方に凍らせてもらう、という戦い方もできる。ウェイブの使用は計画的に。
 
  • ちょっとした豆知識
    • Dotのスコアボーナスはファイアが45、ファイアランス、スパークフレアが36、ヘルファイアが45

雷ソーサラー Edit

長射程で高低差無視 すばやく敵を翻弄する スナイパータイプ雷ソーサラー
雷ソーサラーは、他の系統(火と氷)より長い射程、早い弾速、そして何よりも直下型で高低差無視という、少し特殊な雷スキルを習得したソーサラーです。
ライトニングスピア以外全てのスキルが地面ターゲット型であり、そのためほかの属性のスキルに慣れ親しんでいる場合は当てるのが難しいとの声が高いです。しかしスキルが発動してから着弾判定までが早いため避けにくく、また直下型のため高低差を無視して攻撃が可能なため、使いこなせると実に有用です。
威力は威力特化の炎には劣りますが氷よりは強く、なにより炎氷より射程が勝るので、対他属性ソーサラーでは比較的優位に立てます。
この様に雷ソーサラーは癖があるものの、使いこなせると実に嫌らしいテクニカルなタイプです。
ジャッジメントレイ〜弾幕として
射程長めで、範囲内に雷を3発落とす上級スキル ジャッジメントレイ。
崖の上や下から高低差を無視したり、長めの射程で前線奥にいる敵に当てたりと、大変有用なスキルです。
しかしその使い方を誤ると有用どころか味方の攻撃を阻害してしまうスキルでもあります。
ジャッジメントレイは主に弾幕として敵のHPを削り、前線を疲弊させる為に使用します。特に味方が狙っている最前列の敵ウォリアーではなく、その奥にいる敵を削るのです。ウォリアーのサポート役(主にスカサラ)or交代要員のウォリアーに打撃を与え下がらせることによって敵前線を薄くし、自陣を押し上げやすくします。
いくら当てやすいからといって、スタンした敵やroot状態の敵、特にウォリアーに撃ってはいけません。スタンやroot状態は火力職(両手ウォリアーや火ソーサラー)の連携を撃ち込むべき場面です。そこに3段雷を落とすジャッジをかぶせては、高確率で「攻撃かぶり」が起こり、火力職の攻撃をかき消してしまいます。
(root状態の敵 集団 にはジャッジで安全に削る選択肢もあります)
射程と弾速を駆使して 追い討ちとトドメを

雷ソーサラーのスキルは、サンダーボルトの吹き飛ばし効果以外、状態異常効果を持つスキルはありません。
特徴的であるのは、ライトニングスピア以外、全てのスキルが上空からの直下型であることです。
ほかの属性のスキルは、大半が自分を起点として目標に向かって直線に撃たれますが(氷属性のフリージングウェイブを除く)、ライトニングなどは指定した場所に直下型に発動します。(指定した場所に上空から落雷)
そのため、ほかの属性のスキルに慣れ親しんでいる場合は、目標に当てることが難しく思うかもしれませんが、スキルが発動してから着弾判定までが早く、また直下型のため高低差を無視して攻撃が可能(崖下から崖上に目掛けて攻撃/崖上から崖下に目掛けて攻撃が可能)です。
最後に。雷皿は、他の皿と比べスコアが取り易い。だが、スコアに惑わされてはならない。
雷皿の最上位魔法であるジャッジメントレイの欄にも書かれているが、何のための弓に次ぐ長射程を与えられているのか、それを考えもせずでたらめに雷を落としているうちは優秀な雷皿とは言えないのだ。

雷スキル Edit

スキル名消費Pw威力射程範囲備考
ライトニング18160BE高低差無視
ライトニングスピア32230BD貫通能力
サンダーボルト33100BD吹き飛ばし効果、高低差無視
ジャッジメントレイ80120BA攻撃回数x3、高低差無視
注:威力は全てLv3時のものです。

ライトニング Edit

Lv消費Sp消費Pw威力備考
1218120高低差無視
2118140高低差無視
3118160高低差無視
  • 消費Pwが少ない。敵を吹き飛ばしたくない場合は、サンダーボルトを使わずにライトニングを撃とう。
  • 氷サラに凍結させられて座ったりアイテム使ったりなどして油断してる敵には2〜3発セットで入ります。ただし単発でヒットさせると逆効果ですので状況を見て使い分けましょう。
  • 攻撃力、射程、連射力、という点から見て非常に優秀なスキルです。HPが少しだけ残った状態で敗走する敵兵に止めをさすのに最適のスキルといえます。どの型のソーサラーでもランク1を持っている価値の有るスキルです。
  • サンダーボルトにもいえることですが、他のボルトなどの直線型のスキルに比べて非常に当てにくいという一面を持っています。要練習。
  • 有名なコンボとして「アイスジャベリン→ファイアランス→ライトニング」というものがあります。

ライトニングスピア Edit

Lv消費Sp消費Pw威力備考
1232200貫通能力
2232215貫通能力
3232230貫通能力
  • ライトニングスピアは雷属性のなかで唯一、自分を起点として目標に向けて直線に放たれる攻撃です。
  • また、貫通能力があることも特徴です。敵が細道で直線的に密集している場合に有効なスキルでしょう。
  • ソーサラースキルの中で2番目の攻撃力を誇っている。

サンダーボルト Edit

Lv消費Sp消費Pw威力備考
1233100吹き飛ばし効果、高低差無視
2233100吹き飛ばし効果、高低差無視
3233100吹き飛ばし効果、高低差無視
  • サンダーボルトは吹き飛ばし効果がある直下型のスキルであるため、崖上の縁に立つ敵のジャイアントやスカウト、ソーサラーに命中させて、崖下に落としたり、スタン(一時的に行動不能状態)した味方を守るために、群がる敵を吹き飛ばすなどの利用価値があります。
  • 吹き飛ばし効果は落雷地点から放射状に広がっていますので、手前に吹き飛ばしたい場合は敵より奥を、奥へ吹き飛ばしたい場合は敵より手前に落雷させると効果的です。
  • ライトニングよりも攻撃可能距離が広いです。ジャッジメントレイを除くソーサラースキルのスキルの中で最も攻撃可能距離が広く、ライトニングで微妙に届かない敵にサンダーボルトが当たるという場合が多々あります。「後一撃で止めをさせるのに…」というようなときのために覚えておくと役立つかと思います。
  • サンダーボルトの吹き飛ばしは他のスキルに比べダウン時間が長いです。そのためサンダーボルトを当てることで、たとえ奥に飛ばしたとしても逃走する敵との距離をつめることが出来ます。

ジャッジメントレイ Edit

Lv消費Sp消費Pw威力備考
1380100攻撃回数x3、高低差無視
2280110攻撃回数x3、高低差無視
3280120攻撃回数x3、高低差無視
  • ジャッジメントレイは、広範囲への直下型攻撃スキルです。崖上など高低差を利用して敵を攻撃すると効果的です。
  • ジャッジメントレイをどう使っているかで、その雷皿の質が分かると言っても過言ではない。
    • 敵ヲリの後方から一緒に上がってくる弓皿に強烈なダメージを叩き込め! そうすれば敵ヲリはあっという間に孤立する! だが発動を見られるとかわされやすいので、相手の死角を考えて打ち込むんだ。
    • スコアに目が眩み、敵ヲリに座ってはジャッジ、座ってはジャッジ・・・そんな雷皿は必要ない。 敵ヲリを薙ぐのは火皿、片手の役目だ。雷の仕事ではないということを覚えておくといい。
  • ダガー島にある橋のような、敵の通過地点が予め予測できる場所で、敵の突撃に合わせて撃ち込むのも効果があります。
  • ジャッジメントレイはソーサラースキルの中で最大の射程を持つスキルです。この着弾指定円を最大射程のまま出しておくことで相手との距離を測ることが出来ます。例えば、「ジャッジメントレイの射程内に入ってきていないから、あのソーサラーが何をしようと私に攻撃は当たらない」というような判断が出来ます。
  • ジャッジメントレイは着弾点と自身との間にある障害物の影響を受けません。この特性を利用すると「アロータワーに身を隠し、敵の直線遠距離攻撃が届かない場所からジャッジメントレイを打ち込む」ということが可能になります。ただし相手のアローレインとジャッジメントレイが降ってくると逃げ場がないので注意。
  • ジャッジメントレイは着弾指定位置の中で上空にあるものから優先的にHITします。例えば、橋の下に居る敵にはどれだけジャッジメントレイを打っても当たりません。逆に、橋の下に着弾指定円が出ていても実際にHIT判定が行われるのは橋の上になります。この特性を利用すると「橋の下などの敵から全く認識されないような場所からジャッジメントレイを打ち込む」ということが可能になります。

雷ソーサラーの心得 Edit

  • 雷ソーサラーは、炎ソーサラーのような高火力はなく、また氷ソーサラーのように足止めをすることができません。
  • 特徴的であるのは、ほかのソーサラーのスキルよりも長射程であること、高低差を無視した攻撃ができることです。
  • 氷漬けされた味方やスタン状態の味方に敵が近付くのを見かけたら、すかさずサンダーボルトで敵を吹き飛ばしてしまいましょう。
  • 崖上に対する牽制は雷ソーサラーの仕事です。崖上から打ってくる敵に対して雷スキルで数発牽制をしておくことで相手に「崖上からの攻撃は見切られている」「反撃にあう可能性がある」といった印象を植え付けることが出来ます。
  • ライトニング、サンダーボルトは非常に当てにくいスキルです。知り合いに付き合ってもらってチュートリアルで練習など、命中率を上げる訓練は怠らないこと。いきなり実戦で使ってもまず当たりません。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 連続技ってジャベじゃなくても使うかと。 -- 2007-12-04 (火) 12:17:02
  • ウェイブってpw44に変更あったよね? -- 2008-08-07 (木) 13:46:00
  • 44です・・・カレスも82・・・ -- 2008-08-07 (木) 19:14:16
  • 雷皿のpw違いも目立つな…編集ってどうやるの? [hatena] -- 2008-08-08 (金) 12:57:03
  • 雷スキル とか ライトニング とか書かれてる右の鉛筆マーク。変更したら ページの更新 でOK。どこを変更したかここに記載するとさらに親切。って説明は場違いかスマヌ -- 2008-08-08 (金) 14:03:28
  • ↑説明ありす 氷と雷スキルpw、威力、備考を編集してみました。違うところは編集しなおしてくろ -- 2008-08-09 (土) 11:44:29
  • カレスのPWと凍結時間修正しました 間違ってたらすいません。 ヘルもかわったっけ? -- 2009-07-14 (火) 14:04:07
  • 現在の仕様に変更しました。 -- 2009-07-31 (金) 16:27:14
  • 通常攻撃がオベ・AT破壊に有効とか書いてたのか・・・そりゃダメだわ -- 2009-09-06 (日) 07:08:46
  • 優秀な雷皿って言ってもそれは人それぞれだしなぁ。キル・スコアが取れれば俺はそれでいいわw -- 2015-02-08 (日) 04:50:32
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 移動・ジャンプ・サイドステップができなくなる。スキルやアイテムは使える。攻撃を受けると解除。また凍結中は移動系スキルを使用しても動けなくなる。
*2 背後の建物や遠景の地面をターゲットして撃てば、何もない虚空にスキルを放てる。
*3 Damage over Timeの略。継続して与えられるダメージのことを指す。