Top > ノイム草原
HTML convert time to 0.010 sec.


ノイム草原

Last-modified: 2009-09-18 (金) 16:05:27

渦巻型MAPへ移動

ノイム草原/戦争 Edit

一転してやや防衛有利となった。中央南北での攻防が面白いマップ。

キャッスル位置が[E:7]に変更なったことで、今までの戦略はまったく通用しなくなった。

防衛側 Edit

初期オベの展開は中央北を目指していこう。中央高台からのジャイの砲撃の確率は低いので気にせず建てていこう。北の3本目のオベは[B:5]平地の最前線に建てて要塞化と歩兵の誘導をしよう。[B:6]高台は弱気のオベ位置、[B:5]が折られたときに保険として建てるようにしよう。南は[H:5]が限度。

  • 歩兵は北高台経由を基本として前線へ向かって行こう。また、中央は南東から攻めると相手にとって死角位置から攻撃になるため、数人で固まって向かうときは中央経由の進軍が効果的に前線を押し上げることもある。
  • 味方が[D:4]クリを襲撃している状態なら、すぐにBラインを攻めよう。敵の集中が中央にあるため、北はかなり突破しやすい。このとき皿・片手の[C:2]坂上防衛班と両手・スカのオベ破壊班と即興でも良いので役割分担を決めておくととても効果的です。
  • 攻撃側と同じくジャイを効果的に運用することが戦線を突破するコツ。特に坂付近の攻防ではジャイ必須なので、ある程度押し込めそうだったらレイスとともにジャイをだそう。FBキマの警戒は南端よりも中央Fラインを注意したほうがいい。
  • キプ妨害、僻地クリ堀妨害には注意すること。南の[G:5]はネズミ監視などちょっかいを出されると掘れない事がある。僻地堀するときには迎撃する人と掘る人の役割をきっちり分けておこう。

攻撃側 Edit

暫定版です。

キープ位置は[F:2]

一見防衛側と互角のキプ位置と思いきや、やや不利な点が目立つ。
一度キプ前の崖を降りてしまうと、戻るのに時間がかかってしまうため、初動のオベ建て、中盤以降の召喚のなり手不足に悩まされる。
主戦場が[C:4]になりやすく、ひとたび押されると防衛側からのBライン攻撃によって高台を占拠されやすい。そうなると[C:3]クリで掘る事ができず召喚負けを起こしやすい。

  • 初期オベは展開は北。[D:4]のクリ近くに建てられれば、3本目のオベがちょうど[B:4]崖上に建てられる。中央高台はオベを建てても破壊されづらいので確実に領域を稼ごう。南のオベは展開が多少遅れても[G:4]ぐらいまでは伸ばすことができる。ただし、それより先に建てるとねずみが頻繁にオベを攻撃するので注意。
  • 初動の歩兵は全力で北へ。最初は[B:5]まで押し込まないと後々の展開が苦しいが、[B:6]の坂は戦線が膠着するようなら一度下がって相手の降下待ちが無難。坂下はとにかく不利になるので、平地まで下がって敵を待ち受けて戦ったほうが味方の損耗が少ない。さらに崖下からはジャイ砲撃が有効。崖のATやオベを一方的に攻撃できる。尚、[C:7]の坂を占拠できれば勝ちフラグだが、南から回って[B:5]からきた敵に挟み撃ちにされないようMAPは常にチェックしましょう。


エルwiki攻略より Edit

 エルwikiがいつ削除されるか分からないのでこちらにもどう内容を移植。内容自体はエクリプス導入以前の攻略です。(09/9/18〜28のイベントでノイムは攻撃側キプがD4固定です。しっかり予習してエルをぶっ潰しちゃえ♪)

キープ建築候補地 Edit

  • 1・[F:2]クリスタル北側東向き
  • 2・[D:4]クリスタル付近[D:3]東向き

共通事項 Edit

  • 中央取り合いが発生する可能性があるMAPはどこでもそうなのですが、領域は東西、または南北の自軍オベと領域が重なるため中央攻めは領域取れないと言われます。しかしオベを建てずに捨ててしまっては東西南北のオベ次第で5%〜10%前後の領域献上となるので、最低でも中央から東西南北をカバーするオベを建てさせないことが重要です。
  • 他のMAPに比べてFBキマが決まりやすい。警戒ナイトは絶対に出しておきましょう。

北西[D:4]クリ付近キープ案 Edit

C鯖からの視点です。

warlock01.PNG
  • 攻撃側が領域・兵站ともに有利のKEEP位置。また[F:2]に比べて攻撃側が安全に掘る事のできる大クリ[C:3]を確保できるのが魅力。
  • 防衛側は少人数で北を要塞化した上で、南を確保できないと領域的に厳しい。中央へ不用意にオベを建ててしまうと高台からのジャイ砲撃によりあっさりとオベを折られることがある。
  • 主戦場は防衛側の前線オベの建つ[G:4]の崖下付近と[H:3]になりやすい。領域の広い南の争奪戦になるため、南以外に余分な兵力を割いたほうが負ける。主戦場に兵力を送り込むため防衛側は[B:6]、攻撃側は[D:5]付近と[G:3]の坂を要塞化して少数で守ると兵力に余裕ができる。
  • 攻撃・防衛ともにFBキマを決めやすく、警戒を怠るとどちらもあっさり逆転されます。警戒ナイト必須。

攻撃軍 Edit

  • KEEPの建設について。おすすめは[D:4]クリの真西[D:3]へのKEEP建設。2本目のオベを[F:3]高台へ建てる事ができる。
    [D:4]クリの真北[C:4]のKEEP建設は南を主戦場とする限りお勧めはできない。
  • 初期オベの展開は南へ、[H:3]付近への移動は時間がかかるため早期の建築ナイトが居れば前線ATをより多く建てることができる。北は南の領域がしっかり取れていれば、4ラインと5ラインの境に建てられれば十分。
  • 初動の歩兵は[G:5]と[H:3]に向かうようにしよう。また中央からも敵は来るので、初期の堀が荒らされないように注意。南を[H:5]まで押すことができればほぼ勝ちフラグ。ブルワークを建てて磐石の体制にすると良い。
  • 門を早く建設してしまうと、中央突破の敵に破壊されてしまうため必ず戦況を見極めてから建てること。蔵は中央クリ付近に建設すると良い、前線から近いためにジャイでの破壊活動がしやすい。
  • 防衛側の揺さぶりとして、中央からヲリ多数による特攻でキプクリ・門を荒らされることがあるので、警戒の歩兵は常に居ること。
    逆に攻撃側も中央からジャイを含む特攻で門を破壊することができる。この場合、ジャイが門を破壊すればOKのため歩兵が生きて帰還しやすいのがメリット。
  • 中央部高台へは西側からワンジャンプで頂上に登れる箇所があるので有効活用しよう。

防衛軍 Edit

  • 攻撃側が北を取ることはあまり無いので、南へ兵力をつぎ込むことになる。そのため、南以外への兵力を極力絞る必要がある。北は少数で要塞化をして兵力の余裕を増やそう。
  • 中央への強襲については、門破壊以外のメリットは薄く敵の召喚をある程度遅らせる程度。南に余裕がある時以外は兵力分散になってしまい、前線が押される。なお、強襲する場合、北周りよりも南回りが警戒されづらい。
  • 攻撃側のFBキマが来る可能性があるため、警戒ナイトは常にいるようにしよう。中央から強引に押し込んでくることもあるので、早期発見早期撃退を心がけよう。
  • 初期オベの展開は南と北へ、南は[G:2]まで伸ばせられれば敵有利の地形での要塞化を食い止められる。北は[D:6]→[B:6]と建てて、要塞化を急ごう。それでも領域的に厳しいので裏埋めは早期にしっかりとすること。
  • 防衛側の南への前線距離はそれほど遠くないため[G:2]付近を戦場にすることができる。その場合、Hラインから向かうことを意識して欲しい。[G:2]が主戦場になった場合、Gラインから攻めると相手が坂上から攻撃してくるため各個撃破されやすい。面倒でもHラインから攻め込みたい。
  • 蔵は南を主戦場にするため[G:5]クリ付近でも良いが、できるだけ前線に近いところに建ててください。Hラインが確保できていれば、ずっとジャイのターンができます。
  • 中央部高台へは東側からスカフォードを建ててショートカットで登ることが可能。

北西[F:2]クリ付近キープ案 Edit

C鯖からの視点です。

warlock02.PNG
  • 防衛側がオベ展開と領域の面でやや有利のMAP。
  • どちらも北が最重要、要塞化された領域をいかに分捕ることができるかで勝負は決まる。そのためジャイの効果的な運用をした側の陣営が勝ちやすいでしょう

攻撃軍 Edit

  • 一見防衛側と互角のキプ位置と思いきや、やや不利な点が目立つ。
    • 1、一度キプ前の崖を降りてしまうと、戻るのに時間がかかってしまうため、初動のオベ建て、中盤以降の召喚のなり手不足に悩まされる。
    • 2、主戦場が[C:4]になりやすく、ひとたび押されると防衛側からのBライン攻撃によって高台を占拠されやすい。そうなると[C:3]クリで掘る事ができず召喚負けを起こしやすい。
  • KEEPの建設について。[F:2]クリの北側で崖より内側に立てよう。崖ぎりぎりに建てると崖下FBキマをされることがあるのでお勧めできない。
  • 初期オベは展開は北。[D:4]のクリ近くに建てられれば、3本目のオベがちょうど[B:4]崖上に建てられる。中央高台はオベを建てても破壊されづらいので確実に領域を稼ごう。南のオベは展開が多少遅れても[G:4]ぐらいまでは伸ばすことができる。ただし、それより先に建てるとねずみが頻繁にオベを攻撃するので注意。
  • 初動の歩兵は全力で北へ。最初は[B:5]まで押し込まないと後々の展開が苦しいが、[B:6]の坂は戦線が膠着するようなら一度下がって相手の降下待ちが無難。坂下はとにかく不利になるので、平地まで下がって敵を待ち受けて戦ったほうが味方の損耗が少ない。さらに崖下からはジャイ砲撃が有効。崖のATやオベを一方的に攻撃できる。尚、[C:7]の坂を占拠できれば勝ちフラグだが、南から回って[B;5]からきた敵に挟み撃ちにされないようMAPは常にチェックしましょう。
  • 歩兵の進軍はBラインが基本。初動においては中央からも敵が来るため[D:4]を進んでも良いが、Bラインに人がいないと少し押されるだけで北の高台が占拠される。チャットでBライン高台の経由で前線に復帰するようしつこく喚起しましょう。なお、中央から南は僻地扱い、攻め進んでも折れるオベはほとんど無い。
  • 前線を押し込むための早期レイス召喚は有効。この際、敵ナイトが単体で迎撃に来るのでレイスの護衛はナイトより歩兵がするようにしよう。ナイトにとって歩兵のバッシュや氷はとても脅威になる。蔵は北の高台か中央クリ付近のどちらか。北高台のほうが前線に近くジャイの護衛もしやすいため一般的。中央は高台から一方的にオベを攻撃できる反面、護衛しづらい。いずれにせよ護衛・迎撃・キマ警戒のナイト召喚は欠かせない。
  • 召喚はとにかく不足する、加えて掘りも少ないこともしばしばある。輸送ナイトは序盤から常に輸送し続けるぐらいでちょうどいい。また、召喚は死に戻りしやすいヲリが出やすいため、中盤以降は前線が押されてしまいがちになる。スカと皿が率先して召喚をすると戦線も維持しやすく、結果召喚勝ちになって安定して勝てるようになるでしょう。
  • 中央へは西側からワンジャンプで頂上に登れる箇所があるので有効活用しよう。

防衛軍 Edit

  • 初期オベの展開は中央北を目指していこう。中央高台からのジャイの砲撃の確率は低いので気にせず建てていこう。北の3本目のオベは[B:5]平地の最前線に建てて要塞化と歩兵の誘導をしよう。[B:6]高台は弱気のオベ位置、[B:5]が折られたときに保険として建てるようにしよう。南は[H:5]が限度。
  • 歩兵は北高台経由を基本として前線へ向かって行こう。また、中央は南東から攻めると相手にとって死角位置から攻撃になるため、数人で固まって向かうときは中央経由の進軍が効果的に前線を押し上げることもある。
  • 味方が[D:4]クリを襲撃している状態なら、すぐにBラインを攻めよう。敵の集中が中央にあるため、北はかなり突破しやすい。このとき皿・片手の[C:2]坂上防衛班と両手・スカのオベ破壊班と即興でも良いので役割分担を決めておくととても効果的です。
  • 攻撃側と同じくジャイを効果的に運用することが戦線を突破するコツ。特に坂付近の攻防ではジャイ必須なので、ある程度押し込めそうだったらレイスとともにジャイをだそう。FBキマの警戒は南端よりも中央Fラインを注意したほうがいい。
  • キプ妨害、僻地クリ堀妨害には注意すること。南の[G:5]はネズミ監視などちょっかいを出されると掘れない事がある。僻地堀するときには迎撃する人と掘る人の役割をきっちり分けておこう。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 防衛がキマ無しで勝ったときは、北東もとってました。防衛が南西とるのは当然として、攻撃&防衛どちらも”北東とったほうが勝利”のフィールドだとおもいますが・・ -- [[ [hatena] ]] 2007-01-15 (月) 10:55:34
  • 得られる領域は南西の方が広いんですよ。もちろん防衛が南西と北東を取れれば理想ですが、現実には両方の維持は難しいですし、逆に攻撃側はそれを崩す(例えばどちらか一方に全軍を投入して制圧する)だけで勝利できます。 -- L? 2007-01-15 (月) 13:00:27
  • 攻撃だと東北取られても、南西取られてなければ勝てますよ -- 2007-01-15 (月) 13:02:38
  • 3↑はそういう意味じゃなくて、まず南西を防衛側がとる事を前提にして、そのあと勝負がどこできまるかという話です。(↑2つの意見は同意しますが、論点違いということで・・) -- [[ [hatena] ]] 2007-01-15 (月) 15:19:04
  • 連続&文章変!でごめんなさい。言いたかったのは、”北東とらずに防衛が勝ったことがあるんでしょうか?”という事です -- [[ [hatena] ]] 2007-01-15 (月) 15:29:23
  • 北は防衛は坂上で撃退。攻撃時は5のラインにATを2,3本建てて少数人数で撃退がいいと思います。 -- 2007-02-10 (土) 23:59:24
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White