Top > ロッシ雪原
HTML convert time to 0.041 sec.


ロッシ雪原

Last-modified: 2009-05-15 (金) 22:58:05
 

ロッシ雪原 Edit

 

攻撃側 Edit

  • 初動展開
     
    ロッシ攻撃.png
     
    オベリスク建築条件が緩和された今、初動で北領域をいかに稼げるかが非常に重要です。
     
    • 北展開
      • 初動展開は[B:6]クリで行う。最低でも6人以上は確保したいところ。
        まずSSの位置から崖上に1本目を建てます。次に[C:5]凹へ2本目。
        相手の展開が遅れている場合[C:4]、[A:3]までオベを伸ばせます。
         
        ロッシ北オベ.jpg
         
      • [C:4]崖際にオベは建てないこと
        [B:3]に壁が建った場合、壁越しにジャイの射程圏内に入ってしまいます。
         
    • 南展開
      • 外周に向けてオベを建てていく。[F:8]オベは崖上と崖下の2パターンあるが、
        そのどちらにもメリット、デメリットがあるので状況によって建てわけよう。
      メリット
      崖上に建てることで、押されたときに歩兵に折られる確率が低い
      デメリット
      ねずみの対応に崖登りが必要
       
      • [G:8]崖上にオベは建てないこと
        南側は壁を使うことで崖登りを防げますが(ATでは防げない)
        北側からスカフォを利用して登ることができるため基本的に建てないほうがよいでしょう。
         
    • その他建築
       
      ロッシ攻撃2.png
       
      • 門は中央からジャイの奇襲を受けても問題ないように[C:6]クリ側に建てます。
      • 蔵は崖上から出られるように、また敵壁を防止するためにも[E:6]坂を推奨。
        終盤僅差のとき、手薄な崖上からジャイを運用することで逆転も可能です。
        前線へは[E:7]から登れるのでSSを参照してください。
         
        ロッシジャイ.jpg
         
      • 北でエクリは使わないこと
        得られる領域がわずかなため基本的にエクリは南ですべて使い切ります。
        特に[C:5]凹オベが失敗したからといって[C:5]凹にエクリを建てないこと
         
  • 歩兵の流れ
      • [B:3]を挟んでの牽制戦となります。基本的に攻撃側が[B:3]に壁を置いてはいけません。
        ただし大抵の場合、抑止力として壁を置くことは有効である。
      デメリット
      相手の歩兵の流れがわからないため常に北に一定数の歩兵を置かなくてはならず、
      結果として南の歩兵が数負けしてしまう。かといって一定数の歩兵を置かないと後手に回りオベが折られてしまう。
       
      • 初動[D:4]への奇襲はそれなりに有効です。覚えておいてほしいのは以下の3点。
         
        ・[D:4]オベを妨害しなくても[C:5]凹にオベを置くことはオベ建築条件の緩和により可能
        ・[D:4]オベを建築不可、または破壊したとしても建て直しにより防衛側の領域は変化しない
        ・[D:4]奇襲の目的は[C:5]凹オベを確実に建築すること、および[C:3]オベの抑止
         
        奇襲領域.png奇襲領域2.png奇襲領域3.png
        左から通常時、[D:4]オベ妨害時、[C:3]オベ妨害時の防衛側領域の変化
         
      • 常に高いところ、高いところを占領していく。特に[G:6]高台は重要
      メリット
      弾幕職がある程度フリーで動けるため弾幕勝ちしやすい。
      サイドから崩しやすい。高台からのジャイが強いため敵ATを無効化できる。
       
      • 内周は敵にジャイがいない限りEラインまで押されても問題ありません。
         

防衛側 Edit

  • 初動展開
     
    ロッシ防衛.png
     
    攻撃側の北オベ妨害が最優先!南は地形の関係上攻撃、防衛ともにエクリで展開することになるので
    初動の展開は北最優先で行いましょう。
     
    • 北展開
      • [D:3]→[D:4]→[C:3]→[B:2]と展開していきます。
        攻撃側のオベ展開を潰せるため北展開はスピード勝負になります
      • [C:3]オベはやや崖よりに建てます。建築可能ぎりぎりに建てると[B:3]に壁が建った場合、
        壁越しにジャイの射程圏内に入ってしまいます。
      • 初動[D:4]に敵が奇襲を仕掛けてきてもよほど歩兵数に差がない限り通常通り展開すること。
        [C:3]を取られるとほぼ領域負けが確定します。
         
    • 南展開
      • [B:2]まで展開が終わってから南へ展開していく
      • [E:4]にオベは建てないこと。[F:5]にエクリを置くことで領域はカバーできます。
      • [H:5]オベは奥に建てすぎると対応が遅れるため手前に建てる。
         
    • その他建築
       
      ロッシ防衛2.png
       
      • 門は中央からジャイの奇襲を受けても問題ないように[E:3]クリ西側に建てます。
      • 蔵は崖上から出られるように[F:4]を推奨。
         
  • 歩兵の流れ
      • [B:3]を挟んでの牽制戦となります。防衛側は[B:3]を壁で封鎖することも有効。
         
      • [D:4]への奇襲を前提として、中央経由で[F:6]→[G:6]高台と動くといいかもしれません。
      • 攻撃側同様[G:6]高台は重要。北側、西側、南側どこからでも登れるように崖登りを練習しておくといいでしょう。
        [G:6]高台を押さえた上でGラインを押していきます。
         

コメント欄 Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 中央が取れなかったら左右に振る展開に早めにシフトする事。ここの切り替えが上手く行かないと、攻撃でも防衛でも勝利は覚束ない。 -- 2007-01-01 (月) 15:09:32
  • ロッシその4は他国の工作員か何かですか?敵が中央取った取らないに関わらず、左右攻めてくるに決まってるだろ -- 2007-01-20 (土) 19:36:55
  • 単純計算で中央クリが「使用不可能」の場合、クリは攻撃側2 防衛側3でしかない 「使用不可能」であり続ければどちらにとってもそんなに分の悪い勝負ではないんだよね あと防衛側のとこに書かれている内容 攻撃側のことだよね? キープ位置云々いってるし -- 2007-01-20 (土) 19:59:56
  • 別内容です。すみません。 -- 2007-01-20 (土) 23:38:31
  • 「狩り」にあったものを「攻撃側 勝ちパターン」に移動しました -- もにお? 2007-01-22 (月) 00:31:01
  • なんなのこの攻略?まじでこんなこと考えてるの?だからよええんじゃねえの?上級者が書いたとしたらひくわほんと -- 2007-01-30 (火) 07:33:28
  • なんなのこの攻略?まじでこんなこと考えてるの?だからよええんじゃねえの?上級者が書いたとしたらひくわほんと -- 2007-01-30 (火) 07:33:28
  • C6キープパターン 北にすぐあるクリから北の要塞化組と南のE4妨害組、オベ展開しながら南の拡大組の3つに分かれる。 北はクリ補充後にオベがすぐだせるので広げやすいがB4でだいたい進軍が止まるここで押しとどめてジャイの到達を待てればAt要塞はあっさり崩せる逆に歩兵だけで行くとカウンターの要因になり突破されやすくなるB3と4の間の坂にオベがだせたらそれを守るだけ(続く -- 2007-02-20 (火) 02:47:03
  • E6のクリは主に序盤のオベと中盤からの召還に当てる南の展開は南クリにまかせればいいので展開=現地調達という方式になりやすい、主戦場はFGHの5ラインマップとして下り坂で見下ろす形になり広く4のラインで平地で戦うよりも戦場維持しやすい、キープから移動して崖から降下するだけなのもポイントの一つ、敵は北を取られたことにより南を攻めるしかなくなるが多少おされた程度では領域は大きく変らないキマも北ルートであってもC6崖上なので上れずE4からもたたき落とせば問題なし、最悪の想定でもB4突破されてA4で維持、キープ前はE5維持、南は6のラインがデッドラインになる -- 2007-02-20 (火) 03:01:06
  • 防衛側、D4オベ失敗or折られた時のオベ建ては、崖下の方が良いと思う。特にオベ折られて再建する場合は、また来る可能性があるので、崖下の方が安心。F鯖のみかもしれませんが -- 2009-05-17 (日) 17:47:14
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White