Top > 恭碍MAP
HTML convert time to 0.018 sec.


恭碍MAP

Last-modified: 2008-11-14 (金) 21:28:08

マップタイプ Edit

セノビア荒地.JPGキンカッシュ古戦場跡.JPG
セノビア荒地 (オーレオール)
アノール高地 (ビクトリオン)
ナッシュブリッツ渓谷 (ストリクタ)
キンカッシュ古戦場跡 070305改変


シュア島古戦場跡.JPGクラウス山脈.JPG
リブル渓谷 (ストリクタ)キンカッシュ古戦場跡(エスセティア)

セノビア荒地 (オーレオール)、アノール高地 (ビクトリオン) Edit

セノビア荒地.JPG

防衛と攻撃では内容が変わります。敵陣へは一方通行の道しかない為に一斉攻撃が決まるか決まらないかで勝敗が決まります。防御ではいかに早く召喚を揃え、レイス、ジャイアントを撃破できるかが、
攻撃では、ジャイアントでアロータワー、オベリスクを破壊できるかが鍵になります。

防衛側 Edit

まず、やることはF:7まで一気にオベリスクを伸ばすことです。
これは相手が降下している、していないの判断がすぐには出来ないため、降下していた場合でも迅速に領域を確保するための有効手段です。

ジャイアントをC-4北崖上に配置して、敵のアロータワーやオベリスクを壊すのもいいですが、あまりジャイアントは戦力にはなりません。護衛よりも迎撃が優先されるため下手すれば死ぬだけになります。

単独行動はしない事。勝手にC-4から下りない事。ハイドやナイトに自信のある人は別ですが。

勝ちパターン(敵降下無しの場合) Edit

  • ナイトの数が物を言う。ナイトを最低15。レイス1。ジャイは蔵すらいらない。ナイトは予備1回分持ち、レイスは3回出れるぐらい確保したら更に有利に推移させることができるかも。ナイトの働きが戦局に影響大。
  • 敵の降下に対するに当たって、防衛地点に人が集まる前に降下されるのだけは回避できるよう、展開・準備は迅速に。防衛時は降下霍乱する必要性もない。敵が勝手に降下対策に数名割いてくれるので全員防衛してその分有利にすすめよう。
  • 歩兵戦まで持ち込めれば、ある程度は水際で塞き止め、おもむろにAT地帯まで引いて敵をひきつけカウンターをかけると殲滅しやすい。間違っても歩兵戦時に水に降りるのは厳禁。
  • 味方キマを出すなら特攻ではなく防衛のサポートに使おう。

勝ちパターン(敵降下有りの場合) Edit

  • 基本的に降下した敵軍は、E:6→F:7の順にオベリスクを建築して、領域を確保してきます。そのためE:7を確保するのが結構重要になります。
  • E:7防衛のためにE:6の敵が登ってこれる崖にスカフォード(足場)を建てるという作戦があります。
    • これはクリスタル消費がかからず、足場自体を5個以上並列して建てれば、ちょっとした壁になるのでかなり有効な手段です。
  • 敵軍よりも早くE:5にオベを建てられれば、降下した敵はほぼ完全に封殺できます。
  • 確保を早めるために建築ナイト、アロータワーの建設も併用して行うと良い。
    • これが終了した後に、レイスやジャイアントを出して敵降下部隊を締め出せれば勝利確定です。

負けパターン Edit

  • こちらの用意が整う前に敵が攻めてきた。
  • 北の崖から何人か落ち、キル数を稼がれる。

攻撃側1(開幕降下作戦) Edit

キープ位置[F:4]付近
開幕、裏方以外の全員で降下する作戦。それに伴い領域を確保する。
降下後は東及び北へ進軍していくが、味方崖下オベを折られない事が優先である。

File not found: "セノビア01.jpg" at page "セノビア荒地"[添付]
  • 赤×地点=崖下1本目のオベ位置
    (重要)崖下に1本目が建てられる位置にキープを建設する事(上記図参照)
  • 青×地点=よく見られる敵2本目オベ位置
  • 紫×地点=青×敵オベ領域外に建設可能な2本目のオベ建築(多例有)
    攻撃2本目は画像のE6よりF6付近のくぼみの中のほうが守りやすいです。

序盤の動き方(降下組) Edit

  • 開幕、全員で一斉降下を行う。(特に戦争準備中に、味方全員への降下意思確認が重要)
    降下後は東([E:6]段上)へ速やか進み、崖下に押し込められないようなラインを形成する。
    • 以後は[E:6][E:7]付近を確保し、余裕があれば北へ進軍していく。
    • ただし余程優勢で無い限り、Cライン以上北への進軍は危険

序盤の動き方(裏方組) Edit

  • 降下組以外の裏方(10人程度)は、[G:3]クリを使用して崖下への建築を速やかに行う
    • 最序盤において[F:1][G:2]クリの使用は前線への展開の遅れに繋がるので控える事。(最序盤以後は可)
    • 1本目の崖下オベ(上記:赤×印)建設は最優先で早急に行う。
    • 敵2本目(上記:青×印付近)よりも早く建設可能であれば[E:5][E:6]上辺に2本目を建設。
    • 不可能な場合は東の窪地に2本目を建設(上記:紫×印付近)

序盤以降の動き方(降下組) Edit

  • [E:6][E:7]を確保維持可能な場合
    • 固まらず横長にラインを維持しつつ、[E:6]で分断されないよう、気をつけながら戦う。
    • 敵AT付近では極力戦わず、味方ATがある場合、それを最大限生かして戦う。
    • 劣勢でどうしてもライン維持が困難な場合、[F:6][F:7]の窪地ではなく、[E:6]方面に退く。(全滅回避の為)
  • [E:6][F:7]を確保維持が困難な場合
    • [E:5]及び[E:6]で敵を迎え撃つ。[E:5]段上は取られると高所からの攻撃を受け続けるので、段上に上がって戦う。
    • 崖下1本目オベの維持を優先する。(このオベがある限り、領域で優勢を保つ事が出来る)
    • 戦場は低所にいる方が不利な事を自覚し、極力陸地・高所に上がって戦う。

序盤以降の動き方(裏方組) Edit

  • 崖下の建築・要塞化
    • 崖下オベを建設後、崖下をATで要塞化する(可能な限り前線に近い箇所に建てる)
    • 東方面まで歩兵が押している場合、[F:6][F:7]あたりにオベを建て領域を広げる
    • 崖下オベが折られそうな場合、即座に予備オベを建てること
  • 召喚の準備、
    • 召喚がかなり重視されるMAPなので、極力早い召喚を心掛ける
    • 特にナイトは早すぎる・多すぎるという事はまず無いので、最優先で用意し、また、継続して召喚を行う。
    • 崖下の密集地帯では暗闇が大きな効果を発揮するので、レイスはかなり有効である。
    • ジャイの役目はDラインなどにある敵主要オベの破壊。優勢時には有効だが、優先度はナイト・レイスに劣る。
  • 後方のオベ展開
    • 崖下建築・召喚と平行して行う。主に[F:1][G:2]クリを使用するのが望ましい。
    • 南の水場、北西の崖ギリギリなど、出来る限り領域を多く取れるようにオベ建てを行う
    • 降下組は死に戻らない限り帰還は困難なので、それだけ裏方組の役目は重要となる
      掘りだけに徹しず、自ら進んでオベを建てにいくこと。

その他の注意点(開幕降下作戦) Edit

  • 降下は常に絶やさないこと。降下組は常に消耗戦となるので、少しでも降下が止まると一気にラインが崩される危険がある。
  • ただし降下組が水場の西、崖ギリギリまで完全に押し込まれた場合、降下を止める事もやむをえない。
  • 敵の降下は奇襲なので、基本的には考えない。ただしキマイラ対処のため、北の崖に常時1人監視を置き
    崖上には輸送を含めて最低2以上のナイトを常駐しておくと良い。
  • 敵キマイラが降下してきた場合、崖下ナイトは早急に北経由で迎撃に向かい、
    その他『降下をしていない味方歩兵全員』で対処に当たること。
  • もし敵が開幕降下して崖下にオベ・ATを建ててきた場合は、敵と同じ展開をしていくことで対抗できる。降下組はCライン数人で敵キプを威嚇しながら最北まで進める。最北までオベを伸ばしATを建てて少しずつ下がっていってる間に東を押す。

攻撃側2(貯め(途中降下)作戦) Edit

キープ位置は[F:4]付近?
開幕降下をせず、召喚を揃えてから一斉降下を行う作戦。
崖下を要塞化される前に一斉降下するのが理想、タイミングがやや難しい。
どれだけ早く召喚を揃え、降下が出来るかが鍵。

  • 攻撃側における開幕降下作戦と待機作戦、その中間戦術

序盤の動き方 Edit

  • 開幕、味方全員でクリスタル堀りと召喚・オベリスク建築を行う。
    • クリスタルは召喚に優先的に使用する。揃える召喚は多い程良い(目安としてナイト6〜、ジャイ3〜、レイス)
    • オベ建築も召喚と並行して早急に行う。(オベ建築については待機作戦時のものに順ずる)
    • 降下を行う前に、崖上より砲撃可能な建築があれば破壊しておく
    • 召喚がある程度揃い次第、相手が崖下を完全に要塞化する前に一斉降下を行う。
      誤差はあるが、1本目のゲージが3/4を切るまでに降下する事が望ましい。

中盤〜終盤の動き方 Edit

  • 崖下への一斉降下
    • 敵の崖下要塞化が完了する前に、揃えた召喚と一斉に全軍降下を行う。
    • 敵ATがある場合、歩兵は無理な突撃を避け、召喚と足並みをそろえて進軍する(味方レイスの闇の内部で戦えると有利)
    • 多少押され気味であっても、復帰距離の利を活かして継続した降下を行うこと。
    • その他の歩兵の動きは開幕降下作戦時のものに順ずる
  • 継続した召喚の維持
    • 一斉降下後は、いかに召喚を途切れさせず行えるかが勝敗の鍵となる。
    • ナイトは敵レイスを早急に排除し、味方ジャイ・レイスの護衛に全力を尽くす。
    • 崖下の密集地帯では暗闇が大きな効果を発揮するので、レイスはかなり有効である。
    • 特にレイスは消耗が激しいため、すぐ替えが出せるようにしておくと良い。
    • ジャイの役割は要塞化途中にある敵AT等、建築物の破壊。前に出すぎると歩兵からの攻撃も受けるので注意。
    • 降下のタイミングが遅れるにつれ、ジャイの必要性と消耗速度が増える。
    • クリ消費が激しい為、輸送ルートを必ず確保しておく。

その他の注意点(途中降下作戦) Edit

  • 召喚を貯め途中降下を行う場合、時間が経てば経つ程、敵の崖下要塞化が進み不利になる。
    • 一斉降下後は常に降下を絶やさないこと。
    • 敵の降下は奇襲なので、基本的には考えない。ただしキマイラ対処のため、北の崖に常時1人監視を置き
      崖上には輸送を含めて最低2以上のナイトを常駐しておくと良い。
    • 敵キマイラが降下してきた場合、崖下ナイトは早急に北経由で迎撃に向かい、
      その他『降下をしていない味方歩兵全員』で対処に当たること。
  • こちらの降下を遅らせ、敵側が痺れを切らせて、降下の為北に集まりかけ、
    崖下が手薄になったところを狙い、一斉降下するという作戦もある。(※奇策)
    ただしこの場合、敵に降下を悟らせないため、崖下から見えない位置で待機しておく必要がある。

攻撃側3(待機作戦) Edit

キープ位置は[F:4][G:4]
キープ位置[F:2][F:3]はクリに近く、敵降下の迎撃も復帰が早く行えるが
自軍が降下しないことが最初から相手にばれてしまう為、防衛側の開幕降下を受けやすい

最後まで降下を行わず、オベリスクによる領域ダメージで削り切る作戦。
序盤のオベリスク展開の速さが成功の鍵になる。
オベリスクを建て終えた時点でゲージで勝っている事が必須。
開幕人数差やLv差で負けている場合などに有効な作戦です。
(重要)時間切れまで両者ゲージが残っている場合『防衛側』が勝ちます

序盤の動き方 Edit

  • 開幕、味方の半数以上でクリスタル堀りとオベリスク建築を行う。
    • 開幕で相手のオベ展開よりも遅れると、領域勝ち作戦自体が破綻してしまう。
    • オベは北を優先しつつ、全方向に早急に建てる。
    • 北は崖上の敵ジャイアントに折られないギリギリの地点までオベを建築([C:3][D:4]※要検証)
    • 僅かでも領域を伸ばせる所は、完全にオベを建てて埋める。
    • 敵の早期降下対策に、全軍の3割程度は開幕すぐに北に向かうと良い
    • 敵が早期に降下をしてきた場合、全軍でその迎撃に勤めること
File not found: "セノビアオベ.jpg" at page "セノビア荒地"[添付]
紫×地点=敵崖上砲撃を受けないギリギリのオベ位置
赤×地点=領域を広く取る為に建築可能な限界オベ位置

中盤〜終盤の動き方 Edit

  • 召喚の用意、崖下の要塞化
    • 開幕展開が成功し、領域ダメージのみで勝利が狙える場合、相手がそれを阻止するために降下してくる。
    • 敵降下に備え、こちらも出来るだけ召喚を揃えて置く(目安としてナイト12以上、レイス、可能なら対人用キマも)
    • 敵降下に備え、北の崖下をATで要塞化しておくこと(ただし、崖上からの敵砲撃を受けない様に)
  • 敵降下時の対処
    • ナイトは敵ジャイ・レイスの撃破を最優先で行う事。
    • 消耗が激しいため、ナイトは予めクリスタルを43所持しておき、即再出撃を可能にしておくと良い。
    • 歩兵は味方ATを最大限利用して敵歩兵を迎撃(敵召喚には手を出さないこと)
    • 敵降下時の対処は、防衛時の敵召喚貯め降下時の対処と同じ。
  • 敵の降下がない場合、時間切れまでにゲージを削り切れれば勝利
  • (重要)時間内に削りきることが出来るか否かの判断は、カセドリア連合王国専用wiki MAP-No.X犬糧獣派を参照
    ※セノビア荒地用の図説を後日追加予定

その他の注意点(待機作戦) Edit

  • オベ領域や速度によって、時間内に削りきることが不可能と思われる場合(※上記の図説参照)で終盤まで敵降下がない場合、こちらから降下をする必要がある。その場合の動きは上記の『攻撃側1、2』に準拠する
  • 序盤において領域ゲージが互角且つ本ゲージが僅かでも負けている状況になった場合、早めに降下作戦に移る必要がある。
  • 領域ダメージによる待機作戦の場合、終盤は数Dotの差になるので、不要なDeadを極力減らすこと(崖に近寄らない等)
  • 敵の降下が早期に行われる場合もあるので、序盤以降は建築師以外の手が空いている歩兵は早めに北で待機しておく。

両軍降下 Edit

攻撃側、降下側の両軍が降下を行うという究めて混沌とした状態。別名「ダブル降下状態」。
ほとんど見られることがないのだが、防衛側が降下を提案した場合に、攻撃側と被って低確率で起こる。

序盤の動き方 Edit

  • オベリスク展開
    • 基本は降下なので、まず崖下にオベを建てる事が最低勝利条件。
      • 1本でも建ってからが戦争開始だといっても過言ではない。
    • オベリスクを相手のキープ付近まで素早く建てて、領域確保で勝利するのが基本です。
  • 歩兵展開
    • 敵キープまでダッシュして、キープを囲み、死に戻りと途中参戦者を殴り続けます。
      • 死に戻りが生き返っては倒し続けるので、ちょっと心に痛むものがある人もいるでしょうが、これも戦いなのです。
    • 死んでしまった場合、スキルを使わなければ無敵時間が発動します。その隙に崖下に逃げましょう。

中盤〜終盤の動き方 Edit

  • 建築展開
    • 敵側の崖降下をさせないようにブルワークを建てることで、逃げ道さえも防いでしまいましょう。
    • 門と蔵については検討したうえで敵がこない位置に建てましょう。
  • 歩兵展開
    • 死に戻りを延々と殴り続けることに変わりはありません。
    • 注意点として歩兵でキープを攻撃してゲージを減らそうとする行為は、全くと言っていいほどゲージに影響しないのでよしましょう。
  • 召喚展開
    • ナイトはまずキープに戻れない状況なのでかなり出にくいです。
      • そのためクリスタルを43個所持した上で死ぬことを覚悟したうえで召喚に出ましょう
      • ダブル降下のときのナイトは輸送と建築が主になります。
  • ジャイアントはキープを撃つか、崖下に降りてオベを破壊することになります。
    • 降下する場合は味方と兼ねあって、歩兵をつけたうえで降下しましょう。
  • レイスは歩兵同様、死に戻りを延々と殴り続けます。
    • 闇を展開して崖下への道のりを分からなくさせるといった行為も有効です。
  • キマイラはナイト同様キープに戻ることになるのでクリを43個持って召喚します。
    • 崖下まで降りられるかどうかが鍵となってきます。敵を凍らせつつ、すぐ降りましょう。
    • FBが決まった場合は勝ちが確定するので、是非狙ってみましょう。

キンカッシュ古戦場跡 (エスセティア) Edit

ナッシュブリッツ渓谷 (ストリクタ) Edit

リブル渓谷 (ストリクタ) Edit

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 開幕領域展開から領土ゲージをリードして、敵ゲージ1と20%〜50%くらいで貯めた召還降下そのままキル勝負に持ち込んでリードを保ったまま押し切るのはなしですかね、防衛が待機作戦と思わせて一気に降下する、時間帯の練度の低さや人数差で勝ってる攻撃側の領土リード展開のときにかなり使える鉄板手だと思うのですが -- 2007-03-03 (土) 09:33:01
  • 防衛で敵が開幕降下した場合、こちらも降下しないと負けると思うがどうかな? -- 2007-03-13 (火) 15:35:24
  • ネツwiki -- 2007-04-08 (日) 11:59:00
  • 途中で登校してしまった・・・  攻撃側から開幕降下するとき1本目をF5のくぼみに立ててそこからF6につなぐとよいらしい。降下した軍がオベを守る必要がないので楽に展開できるよ -- 2007-04-08 (日) 12:00:27
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White