Top > 何をすればいいの?
HTML convert time to 0.001 sec.


何をすればいいの? の変更点


 |CENTER:210|CENTER:210|CENTER:210|c
 |>|>|CENTER:~何をすればいいの?|
 |何をすればいいの?|[[[[攻撃・狩の仕方]]]]|[[クエストについて>クエスト一覧]]|
 #CONTENTS
 
 *&size(16){序盤(Lv1〜14)}; [#p54c81df]
 まずは腕を磨くために、首都に隣接したMAPでモンスターを狩りましょう。
 このレベル帯は、戦争に参加しても出来ることが非常に限られてるうえ、モンスターを狩る方が短時間で美味しく経験値が入ります。
 対モンスター戦では自分のレベルがモンスターより低い場合、レベル補正によって与ダメージがかなり下がってしまいます。そのため、自分より弱いモンスターを数多く倒す方が、結果的に効率が良かったりします。
 
 各Mob情報はこちら→[[Mob情報]]
 
 現在の仕様では初心者さんにはチュートリアルミッションがオススメです
 チュートリアルミッションはコチラ→[[チュートリアルミッション]]
 **&size(14){序盤のソロ狩り};[#x62a5321]
 Lv1〜12くらいまでは、首都から1つ離れた蜘蛛マークが1匹のMAPへ行ってみましょう。
 [Venomous]や[Gobs Venomous]といった、蜘蛛タイプのモンスターがオススメです。
 どちらも動きが遅く、攻撃力もそれほど高くは無いので苦戦はしないでしょう。
 -お勧め &color(Red){あくまでも一例、職によります。};
 --レベル1−5 オコラル遺跡E4 Venomous
 --レベル6−9 オコラル遺跡B6 Gobs Venomous ゴブリン
 --レベル9−11オコラル遺跡C7 Gobs Venomous ゴブリン
 #br
 Lv12くらいからは、首都から2つ離れた蜘蛛マークが2匹のMAPへ行ってみましょう。
 ここから暫くは、[〜 Goblin]を狩っていくことになります。
 ゴブリンはHPが減ると突然逃げ出します。逃げ足がとても速いので、ちょっとした偏差射撃の練習にもなりますが、実際の戦場ではあまり役に立ちませんので、動いている相手への遠距離攻撃がいかに当てにくいかを体感して下さい。
 また、ゴブリンがドロップする[ゴブリンブック]というアイテムがあります。このアイテムを欲しがっているNPCがナッツベリー西区域にいるので、見つけたら店で売らずに取っておきましょう。店売りの値段より高く買い取ってくれます。
 -お勧め &color(Red){職によります。};
 --レベル12−14キュドレー山麓B6 ゴブリン
 --レベル14−  キュドレー山麓E4 ハーピー
 
 -&color(Red){モンスターは接近すると攻撃が回避しにくいものに変わるので、出来るだけ遠距離から攻撃しましょう};
 -&color(Red){モンスターは攻撃を受けると攻撃を重複させる謎仕様があります。無茶しすぎると即死の可能性があります};
 **&size(14){序盤の戦争};[#q9a91ec8]
 Lv15くらいまではモンスターを狩ってレベルを上げることを強くお勧めします。
 しかしどうしても戦争に出てみたいという好奇心旺盛なLv10以上の方は、クリスタル掘り(クリ堀り)をしてみましょう。
 クリスタルは大クリスタルの周囲で[C]キーを押し座れば掘ることが出来ます。掘ったクリスタルは欲しがっている人が居たらトレードで渡しましょう。欲しがる人が居なくても、数個掘ったらどんどん自分からトレードをして周りの人に渡しましょう。ただし無言でいきなり渡すのは失礼です。「必要な方いますか?」など声をかけ、いなければ輸送ナイトさんが来るまで自分が他の方のクリスタルを預かるくらいの気持ちで。
 いきなりトレードを出すと、「ただのスコアを稼ぎたい人」とおもわれてしまいがちです。
 クリスタルを掘るところからも、他の方とのコミュニケーションを忘れずに。
 
 このほか、クリスタルの運搬や召喚(召喚キャラの強さはキャラLvに関係なく同一です)といった仕事がオススメです。
 
 -&color(Red){前線に出ても、戦争に慣れてなければ単なるカモです。レベルが上がるまでは裏方に徹しましょう};
 *&size(16){中盤(Lv15〜Lv29)};[#sc729d6d]
 そろそろソロでモンスターを狩るだけでレベルを上げるのは辛くなってくると思います。Lv20にもなれば戦争でもそこそこの活躍が出来るので、どんどん参加していきましょう。ただし、こういったサイトを見たり講習会などで最低限の事前知識だけは持っておきましょう。あなたもホルデイン軍の一員となって行きます。仲間の足を極力引っ張らないようにしましょう。どうしても分からない点があれば、気軽に軍団チャットで周囲の人に尋ねてみましょう。手の空いている方が答えてくれると思います。
 
 **&color(Maroon){訓練場の使用}; [#icc88e77]
 有用なスキルがないのと、やはり与える、受けるダメージが少ないのであまり戦争では活躍はできません。
 そこで[[訓練場]]を利用しましょう。
 基本的なスキルの使い方、攻撃の避け方、更には攻撃の特性も知りましょう。
 上級者は不慣れな人に教えてあげましょう。(言葉と&color(Navy){身をもっての};両方で)
 
 **&size(14){中盤のソロ狩り};[#vfc78e33]
 Lv22くらいまでは、首都から2つ離れた蜘蛛マークが2匹のMAPで今まで通り[〜 Goblin]を狩るのが良いでしょう。
 //もう気づいている方もいるかも知れませんが、#br
 Lv23くらいになったら、首都から3つ離れた蜘蛛マークが3匹のMAPへ行ってみましょう。この辺から、金銭効率がグッと良くなります。戦争に持っていく薬代にも余裕が出てくるでしょう。狙う敵は[〜 Orc]や[Harpy 〜]が良いでしょう。オークからはチーズがたまに拾えます。チーズはNPCにクエストを通して売ることでゴールドが得られますが、集めている一般プレイヤーはその何倍ものゴールドを出して買ってくれます(回復アイテムとして優秀なため)お金が欲しいのであればとっておいて一般プレイヤーに売るようにしましょう。
 #br
 ところで、そろそろ装備の代金が気になる頃ではないかと思います。そこで、もしモンスターから装備が拾えたらそれを装備しましょう。自分が装備できない装備の場合は、ナッツベリーで貰い手を探しましょう。装備を売るよりも、誰かにあげた方がホルデイン軍は強くなることでしょう。
 **&size(14){中盤の戦争};[#zd56d6fa]
 Lv15くらいからは、そのままソロでモンスター狩りを続けるのも良いですし、戦争に出てみるのも良いでしょう。
 とはいえ、Lv15程度では前線に出ても死ぬ確率が高く、経験値も微々たるものです。前線に行くよりも、''裏方をした方が経験値を多く得ることが出来る''ので、最低Lv20くらい(ウォリアーはLV25)までは慣れる為にも裏方の仕事に専念しましょう。
 #br
 また、''召喚として働いてみる''のもオススメです。
 ''召喚のステータスはレベルによらずに一定''です。Lv1でもLv40でも差はありません(ただし、職業三すくみの原理は当てはまりますし、戦争経験やプレイヤースキルの差はあります)。
 //''高レベルの方が召喚に出てしまい、レベルの低い歩兵ばかりになってしまうことを避けるためにも、低レベル程召喚に出ることをオススメします。''
 ナイトの仕事は敵のジャイアント、レイス、キマイラを倒すのと、味方のジャイアント、レイス、キマイラを守るのが主な任務です。&color(Red){敵召喚を倒そうとするよりも、味方召喚を守るように動きましょう。};ナイト同士の一騎打ちなどはあまり意味がありません。これを頭に入れて、また分からないときは軍団チャットでアドバイスを受けながら、経験を積んでみることは大事だと思います。
 もし前線で戦うよりも、少しナイトの動きを覚えたいという時は輸送ナイトとして働いてみるのもいいでしょう。
 #br
 Lv20(ウォリアーはLV25)くらいからは、召喚や掘りに更なる磨きをかけていくのも良いですし、前線で対人戦闘を経験してみるのも良いでしょう。特にソーサラーは、Lv18で各系統の大魔法を使うことが出来るようになります(詠唱Lv1で、一系統のスキルのみを覚えた場合)。どれも個性的で役立つスキルなので、これを覚えられれば前線で自軍に貢献することができるでしょう。
 
 また、金銭的にも結構余裕が出来るので、必ず薬も持っていくようにしましょう。「HPが減ったらクリスタルで回復すれば良いじゃん」と思っているそこの貴方。クリスタルでHPを50回復する毎に、クリスタル採取量が1個減ります。クリスタルは勝敗を分ける重要な資源であり、限りのあるものです。薬がなくなってどうしようもない状況でもない限り、薬や食べ物で回復しましょう。
 また、金銭的にも結構余裕が出来るので、必ず薬も持っていくようにしましょう。
 
 *&size(16){終盤(Lv30〜Lv40)};[#j1916c53]
 もう何も言うことはありませんが、戦争はLv30からが本番です。
 これまでの経験を活かし、更なる精進を怠らず、我がホルデインを勝利に導いていきましょう。
 健闘を祈ります。
 
 *&size(16){コメント}; [#xa22fa5e]
 #pcomment